解約方法.jp

リクルートIDの退会方法・削除手順|注意点を教えます!【最新版】




リクルートIDの退会方法・削除手順|注意点を教えます!【最新版】




1.リクルートIDとは?
2.リクルートIDを退会する際の注意点
3.リクルートIDで利用したサービスの退会方法
4.リクルートIDの退会方法
5.まとめ

リクルートID」はとっても便利なサービスですが・・。

目的を達成したことで、必要なくなる場合ってありますよね?

個人情報保護のためにも、利用しないIDを削除したい。・・という人は意外と多いんです。

しかし、どんなサービスでも「IDの削除」って大変ですよね・・。

そこで、リクルートIDの退会方法と注意点を詳しくご紹介します!

1.リクルートIDとは?

リクルートID」とは、メールアドレス1つで簡単に取得できる無料の会員IDです。

基本的には登録したメールアドレスが自分のリクルートIDとなります。

一度登録することで、リクルートIDを使ったリクルートグループのサービスを利用することができるようになります。

さらに、リクルートIDを使って予約したり、買い物をすることでPontaポイントを貯めることもできます。

貯まったPontaポイントは「1ポイント=1円」として利用可能です。

リクルートIDが利用できる主なサービスは、じゃらん(国内・海外旅行予約サイト)・HOT PEPPERグルメ(居酒屋・飲食店の予約サービス)

ポンパレモール(通販サイト)・Oisix(安全食材の宅配サービス)・リクナビNEXT(転職サイト)

タウンワーク(アルバイト・パートの求人サイト)・ゼクシィ(結婚準備の総合サイト)など。

全部で約40種類のサイトを利用することができます。(すごい数ですよね!)

また、このうち19のサイト(じゃらん・HOT PEPPERグルメ・ポンパレなど)では、ポイントを貯めたり使ったりすることができます。

2.リクルートIDを退会する際の注意点

リクルートIDは様々なサイトで利用可能なので、とても便利なのですが・・。

退会する際にはいくつかの点に注意する必要があります。

特に注意しなければならない点は、リクルートIDを使ってサービスを利用しているケースで、場合によっては退会ができないことがあるんです!

リクルートIDの退会が不可となる11のパターン

▼【1.リクルートIDを使って予約を入れている場合

じゃらんじゃらんゴルフじゃらんレンタカーHOT PEPPER Beauty人間ドックのここカラダブッキングテーブルのサービスを利用中。

数か月または数年先の予約を入れている場合は退会することができません。

そのため、退会手続きの前に各サービスに問い合わせて予約をキャンセルするなどの対応が必要となります。

▼【2.リクナビNEXTに登録している場合

リクナビNEXTでは、求職者に担当のアドバイザーが付くことがあるため、サイト内のマイページからサービスの退会手続きを行う必要があります。

リクナビNEXTの退会手続きが終了すればリクルートIDの退会手続きを行うことができます。

▼【3.HOT PEPPERグルメで予約または購入クーポンが未使用の場合

この場合も、ホットペッパーグルメでの予約をキャンセルする・クーポンを利用してから、リクルートIDの退会手続きを行います。

▼【4.ポンパレの購入クーポンが未使用の場合

ポンパレのクーポンを利用してからリクルートIDの退会手続きを行いましょう。

▼【5.リクルートカードを利用している場合

リクルートカードはクレジットカードであるため、最初にリクルートカードの退会手続きを行う必要があります。

この場合は、クレジットカード会社に連絡して退会手続きを行います。




▼【6.有料サービスを利用している場合

PET’S ALL RIGHTゼクシィキッチンスタディサプリENGLISHなどのサービスを利用中。

月額料金を支払ってサービスを利用している場合、最初に有料サービスの解約を行う必要があります。

▼【7.サイトから未発送商品がある・代金未払いの商品がある場合

MARQRELTABROOM STOREOisix × Pontaポイントにおいて未発送商品がある、または代金未払いの商品がある場合には、リクルートIDの退会ができません。

そのため、代金の支払い・商品配達まで退会手続きは待ちましょう。

▼【8.リクルートかんたん支払いを利用中の場合

リクルートかんたん支払いを継続利用中であったり、未発送の商品がある、コンビニ決済を選択している場合、リクルートIDの退会ができません。

この場合も、先に利用中のサービスの処理を行う必要があります。

▼【9.スルガ銀行リクルート支店で口座を開設している場合

スルガ銀行リクルート支店で口座を開設中の場合。リクルートIDの退会が行えない状況があります。銀行に問い合わせて対応しましょう。

▼【10.一括ローン相談by SUUMOを利用中の場合

一括ローン相談(by SUUMO)」でローンの審査中・審査後のポイント加算が終わっていない場合、リクルートIDの退会手続きが行えません。

そのため、審査が終わりポイント加算が終了するまで待ちましょう。

▼【11.受験サプリを利用中の場合

スタディサプリの有料会員サービスを継続中であり、なおかつ「スタディサプリ高校講座・大学受験講座」にデータ移行していない場合、リクルートIDの退会ができません。

そのため、受験サプリでのサービス解除を行うか、データ移行が完了するまで待ちましょう。

基本的に、それぞれのサイトで退会・解約手続きを行ってからリクルートIDの退会手続きを行うようになります。

リクルートIDの退会における注意点

リクルートIDの退会手続きを行うことで、これまで貯めてきたリクルートポイントも消失します。

また、リクルートグループ全てのサイトにおいて会員サービスが受けられなくなります。

退会前に何かやり残したことがないか?良く確認するようにしましょう。




3.リクルートIDで利用したサービスの退会方法

リクルートIDを使って、リクルートのグループサイトを利用した場合の退会手続き方法をご紹介します!

ここでは例として、学生に人気のアプリ「スタディサプリENGLISH」で有料会員だった場合の退会方法をご紹介します。

1.ブラウザ版で「スタディサプリENGLISH」を開きます。

2.TOPページ右上にある「三」のマークを選択してメニューを開きます。

3.一番下にある「ログイン」をクリックします。

4.ログイン画面にて「リクルートID」と「パスワード」を入力し、「上記に同意してログイン」をクリックします。

5.「マイページ」が表示されるので、ページ下部にある「プレミアムサービスの解約」を選択します。

6.「ご注意ください」という注意事項が書かれたページが開くので、下部にある「解約する」をクリックします。

これで有料会員サービスの解約が完了です。

7.さらに、今度は「スタディサプリENGLISH」の退会手続きが必要です。

スタディサプリENGLISH」のアプリを開いて、TOP画面左上の「三」をタップして「設定・その他」を選択します。

8.ページの一番下にある「スタディサプリENGLISHの退会」をタップします。

9.退会ページの「スタディサプリENGLISHの退会」をタップします。

10.「退会されるにあたって」というページにて退会にあたっての注意事項が表示されるので、内容を確認し、「スタディサプリENGLISHを退会する」をタップします。

11.「プレミアムサービスにご登録の方は退会するには、必ずお支払いの解約を完了させてください。」というメッセージが表示されます。

ここで同時に「プレミアムサービスを解約する」「サービスを退会する」「キャンセル」の3つの選択肢も表示されます。

「サービスを退会する」を選択します。これでスタディサプリENGLISHの退会が完了します。




4.リクルートIDの退会方法

リクルートID退会前の手続きが全て完了すれば、IDの退会は簡単に行うことができます。

1.リクルートIDのヘルプページにある、「リクルートIDを退会するには?」という質問ページから退会手続きを行うことができます。

ヘルプページにはたくさんの質問があるため、その中からリクルートIDの退会FAQを探すのは大変です。

ページ上部の検索から「リクルートID 退会」でキーワード検索をするか。

公式サイトに「リクルートIDを退会するには?」という質問(Q&A)があるので選択してみましょう。

そうすると、リクルートIDの退会ページに移動することができます。

2.退会に関する注意事項などを確認した後、「リクルートIDの退会はこちら」という青文字部分をクリックします。

3.本人確認ページが表示され、「リクルートID」と「パスワード」の入力を求められるので、それぞれを入力します。

なお、リクルートIDは登録したメールアドレスとなっています。

リクルートID規約・Ponta会員規約・パライバシーポリシーなどの内容を確認して、「上記に同意して次へ」をクリックします。

4.「リクルートID退会」ページが表示されるので、退会後に利用できなくなるサービスの案内を確認した後、「上記内容を確認し、了承しました。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

これで、リクルートIDの退会手続きは終了となります。

リクルートIDの退会手続きは、パソコンのほかスマートフォンからも行うことができますが、スマートフォンの場合には各種アプリからは手続きが出来ません。

そこで、Safari(iPhone)またはChrome(Android)からブラウザ版のページを開いて手続きを行っていくようになります。




5.まとめ

リクルートIDは簡単な無料会員に登録することで、リクルートグループの様々なサイトが利用可能でPontaポイントも貯まる便利なサービスです。

しかしリクルートIDの退会手続きをしたい場合。利用している各種サービスの解約・退会を行う必要があります。

リクルートIDを解約する時には、どのサービスを利用していたのか?確実に確認するようにしましょう!